トップ

敏感肌に敏感肌化粧品

敏感肌を敏感肌化粧品で改善する

敏感肌を改善する為の敏感肌化粧品とは

肌が敏感なためになかなか合う化粧品がなくて悩んでいる26歳になる女性です。思い起こせば、お化粧に興味を持ち始めた頃から、肌に合う化粧品がなくて困っていました。この敏感肌のために、周りの友達がオススメという化粧品が、だいたい肌に合わないのです。せっかく高いお金を出してそろえたスキンケア商品も、最後まで使いきる前に肌に合わなくなり、また別のスキンケア用品を買わないといけなくなることも多いのです。本当にお金がかかって仕方がありません。敏感肌化粧品を選ぶ。

特にゆううつなシーズンが、感想が激しくなる冬場や、花粉症などのアレルギー症状が出やすい春先です。肌に赤みが出たりヒリヒリしたり、ひどい場合には皮がめくれてしまうこともあるのです。どうも、季節の変わり目などに敏感肌特有のこれらのトラブルが悪化しているようなのです。恐らく、気温や湿度の変化が肌に影響しているのでしょう。

しかし、どうすればこの敏感肌の症状を抑えることができるのでしょう。季節の変わり目の敏感肌症状がひどくなってきた私は、改めて敏感肌について調べてみたところ、敏感肌と一口で言っても、次の4種類に大きく分けられる事が分かりました

「敏感肌」には、4つの種類があります。
■接触性敏感肌
動物の毛や、金属類、特定の植物がふれることで肌が赤くなる、痒くなるなどの症状が出るタイプの敏感肌を、接触性敏感肌といっています。ひどくなると、肌が腫れたり、肌に痛みを感じるなどの症状も起こります。例えば動物アレルギーや金属アレルギーも、こちらのタイプです。

■アレルギー性敏感肌
接触性敏感肌とよく似ていますが、アレルギー性敏感肌は、症状が起きる成分がもっと限定的なものになります。ある特定の成分にのみ、かゆみ、炎症、腫れ、湿疹などを起こします。ただしトラブルが起きる成分が特定できているので、他の敏感肌に比べて、対処しやすいタイプの敏感肌だといえます。

■体調が不調な時に敏感肌になるケース
ストレスや体調不良、睡眠不足、生理などの体調の変化により、敏感肌のトラブル症状を示す場合があります。身体のコンディションが低下することにより、それに比例して身体の免疫機能が低下することで、肌のバリア機能が弱くなってしまった状態です。敏感になってしまいます。

■季節の変わり目など環境の変化があったとき敏感肌になるケース
季節の変わり目の温度差や、湿度の変化で、肌の調子が不安定になり、敏感肌の症状を示す場合があります。そのほかにも、強い日差しや、花粉や大気汚染などによって、敏感肌特有の肌の赤みや痒み、湿疹などの症状が出ます。

私の場合は、最後の「季節の変わり目など環境の変化があったとき敏感肌になるケース」が一番当てはまっているようです。この時期に起きる敏感肌症状を敏感肌化粧品で改善するには、どのような化粧品を選べばよいのでしょうか。

「敏感肌」用に開発された化粧水やクリームのスキンケア用品は、敏感になった肌の乾燥を防ぐとともに、刺激を与えることのないように極力考えられた成分の配合になっています。肌に負担を与えずに回復に必要な成分を補給するように、無理なく肌をサポートすることで、肌の角質層が本来持っている保湿機能を回復させるためのケアができるのです。

アレルギー性の敏感肌のケースだと、敏感肌化粧品でのケアよりも皮膚科肌科へ受診するのが一番良いそだし、体調の変化で敏感肌に転びがちのケースは、生活習慣からの見直しが必要のようです。私のように、季節の変わり目など環境の影響を受ける肌タイプには、肌の潤いをキープする事が必要なので、敏感肌化粧品でのケアを選ぶ事にしました。