トップ / 敏感肌化粧品としてのクレンジング

敏感肌に敏感肌化粧品

敏感肌化粧品としてのクレンジング

化粧を落とす時の敏感肌化粧品とは

では、敏感肌化粧品としてのクレンジングとはどのようなものなのでしょうか。オフィスでたくさんの人たちと働く立場では、身だしなみとしてある程度のメイクアップは必要です。もちろん肌に負担をかけることのないように、メイクの濃さには注意していますが、それでも必ず帰宅後のクレンジングは必要です。敏感肌化粧品に求めるクレンジング、洗顔料の選び方のポイントをまとめてみました。

■敏感肌化粧品に求めるクレンジング料のポイント
肌に負担をかけないテクスチャーであること:摩擦が起きないよう指滑りがよい滑らかなもの
肌にやさしい成分であること:刺激のない天然成分であることが理想
肌の潤いを奪いすぎないこと:界面活性剤不使用など、洗い上がりに皮脂を奪いすぎないもの
■敏感肌におすすめクレンジング料:ナチュラルクレンジングオイル
ホホバオイルやオリーブオイルに代表される、天然の肌に良いとされるオイルを原料としたクレンジングオイルは、皮脂や肌になじみやすく、優しい洗い上がりを約束してくれる敏感肌にはもってこいのクレンジング料です。それでいて同じ油性であるメイク汚れもしっかりと落としてくれるのです。

■敏感肌におすすめクレンジング料:クレンジングミルク
なるべくミルクタイプの肌あたりの優しいクレンジングミルクが望ましいでしょう。水分量が多く、なめらかなテクスチャーなので、クレンジング中も指滑りがよく、指に無理な負担がかからないため、肌への負担を抑えることができます。また、皮脂を落としすぎない優しい洗い上がりなので、クレンジングの後に肌に必要なうるおいが残ります。

お化粧を落とす時のクレンジングの時が一番肌のひりひりとした痛みがひどく、ついついクレンジングがおざなりになってしまい、汚れが取り切れずにトラブルを悪化していることを自覚していました。こんな風に敏感肌化粧品として考えられたクレンジングを使っていれば避けられたのかもしれないとつくづく反省です。